起業を決断し会社を設立しようと思ったらまず何をするのかが思いつかない。
さて会社を登記するには色々必要な手続きや費用もかかるみたい。
まずは会社名を決めなければならないが何でも良い訳ではありません。
同じ地域で同じ業種の場合には同じ会社名では登記ができません。
これが類似商号の確認です。
会社名も決まり次は定款の作成です。
定款とは、その会社の目的等を記すものです。
会社の定款を見る事で、その会社が何を主体に運営しているのかが分かります。
登記には資本金や印紙代もかかります。
また直接の費用ではありませんが印鑑の作成や細かい備品にも費用がかかります。
これから始める会社経営の前に準備段階でも結構予算は必要です。
起業をスタートしてから直ぐに運転資金のショートとならないように事前の準備を
しっかり行ってください。